【オンライン英会話の効果】週2回・土日のみ!2年間続けてみました

2017年10月16日

オンライン英会話口コミ体験談
POINT

  • 土日のみで週2回レッスンを約2年間続けてみた効果
  • センテンスを作る力など会話力がつき発音も良くなったことを実感!

口コミ体験談投稿者:ゆみさん(30代主婦)

私は約2年間、1レッスン25分のオンライン英会話レッスンを毎週2回・土日のみで習いました。レッスン回数は計200回以上、レッスン時間数は100時間を超える形になります。

スピーキングテスト等は受けていないのできちんとした点数での正確な効果は分かりませんが、自分の感覚としては始めた当時より会話力(listeningとspeaking)がとても成長したと効果を実感しています。

オンライン英会話を週2回・土日のみで2年間続けた効果

フィリピン人講師の女の子

オンライン英会話レッスンを受けるにあたって、Writing(書く)とReading(読む)はある程度できていましたが、最初はとにかく「聞き取れない、話せない」と言った状況でした。

なので何度も講師に聞き返しては最終的にチャットボックスに送信してもらうという情けない流れが多かったのですが、回数を重ねるにつれチャットボックスに送信してもらう回数も少なくなっていきました。

オンライン英会話を土日のみ週2回で2年間続けた効果として、一番成長したと実感することは「スピーキング」「英語の発音」といったところです。

私はオンライン英会話以外にも、自分で英語の教育番組を見たり英語のyoutubeを見たり、1日1回は必ず英語に関わるようにしています。ですのでこの成長や効果が全てオンライン英会話だけの影響ではないと思いますが、自分でも驚くほど自然に発音できるようになったと感じるこの成果は、大部分がオンライン英会話によるものだと思います。

ただしRだけは、いまだに違和感がありへたくそです。FやLは自然に口から正しく発音できるようになったのですが、私はどうやらRが苦手なようでまだ苦手意識があります。(汗)

【週2回がちょうどいい!】月8回コースがあるスクール比較ランキング

私が意識して取り組んだ発音の練習

発音矯正コースがあるオンライン英会話スクールもあるようですが、私の場合は発音に関してはレッスンで教えてもらったわけではありません。

さきほど申し上げたとおり私は1日1回英語を聞くようにしていて、強いて言うならば6歳の娘に発音を教えるときに少々大げさに発音することを繰り返していました。

例えば、

POINT

  • 【V】ヴヴヴヴヴヴ(下唇に上の歯を添える)Victory
  • 【L】エルルルルル(舌を前歯の後ろへ) lemon
  • 【F】エフフフフ(下唇に上の歯を添える)father
  • 【W】ウウウウウ(犬が吠える前みたいに)world

大袈裟に発音をしていたら自然と発音ができるようになったので、発音が上手になりたかったら真似をして大袈裟なくらいで練習するのがおすすめだと思いました。

大学生の時は本当に発音が苦手で、特に関西育ちで日本語もなまっていたのでいろんなことが大変でした。(笑)

オンライン英会話の講師も「あなたは、発音は問題ないです」と一応は評価してくれますが、私としてはなんとかRの発音が上手になるようになりたいと特訓中です。

フィリピン人の講師の方たちはとてもきれいな発音をされます。よく言われる「なまり」のようなものは特に気になりませんのでレッスン中とても聞きやすいです。英語の教育番組の舞台がオーストラリア版だった時は、なかなか聞き取れなくて大変でした。

「カタカナ英語は通じない」はウソ!?日本語訛りでも通じる英会話のコツ

私のオンライン英会話講師の選び方

フリートークをする2人の女性

私は、フリーカンバセーションかテキストのレッスンをその日の講師に合わせてチョイスしています。

気を遣わなくてよい講師にはフリーカンバセーションを。話が盛り上がらなさそうである講師の時は、テキストを希望します。

テキストの中でもトピックによって講師を変えます。例えば「ファッション」「ショッピング」についてのお題の日は若い女性の講師を、「伝統」「文化」の時は少し年配の方を選択します。

NOTE

毎回フリーカンバセーションはよくない?
以前とても面白いおじいさんの講師がいて、フリーカンバセーションがいつも盛り上がるので毎回フリーカンバセーションにしていたら、どうやらさすがに疲れてきたらしく「テキストを選ぶべきだよ」と言われました。他の講師の時はテキストをやっていたのですが、おじさん講師があまりに面白くて、、、。翌回の別の講師にそのことを説明したら、「講師はフリーカンバセーションにされると、自分で内容を考えないといけないから嫌がる」と言っていました。

私が苦手だったテキストの問題

青いポーチに入ったノート

テキストの中で「次の絵を見てその絵がどんな状況なのか説明しなさい」という問題があります。これは最も私が苦手とする問題なのですが、これを何度もやっていくうちに以前よりは自分でセンテンスが作れるようになりました。

最初の頃はいきなり話を始めたり、言葉が出てこないので「Um~Um~」と困っていました。何回もやっていくうちに「The picture shows ~」というように正しいセンテンスで話し始めたり、「ここは~(場所)で、~をしている人と~をしている人が話しています。」と少しずつちゃんとスムーズに説明できるようになってきました。

自分で作れなかった文章(言いたいことが言えず、伝わらず、講師が作ったセンテンスを聞いて「そう!それが言いたかったのよ!」というようなセンテンス)を全部ノートに書きだして覚え、丸暗記できたらもっと成長するのだろうなと思いながらも家事や育児に追われそこまでできていなかったのが残念ですが、センテンスを作る力は着実に以前よりは成長したと思います。

週2回のオンライン英会話を2年間やってみた効果まとめ

卒業式で着物を来てほほ笑む女性

私が土日で週2回のオンライン英会話を2年間続けてみた効果としては、具体的にテストなどの数字では示すことができませんが、体感としては「自己紹介くらいはできる」→「物事を英語で自然に説明できる」といった具合の成長になっていると思います。

最初は「これについて説明してください」というレッスンがあると「Um~~」と間の悪いテンポでなんとかギリギリ伝える、といった感じでしたが、週2回土日のみですが2年間続けてみた結果それがだいたいイメージ通りに伝えられるようにはなっていると思います。

発音に関してはオンライン英会話レッスンで教わるというよりも、普段自分で練習してそれをオンライン英会話で試してみる、といった形で練習してきました。始めた頃よりかなり発音は褒められるようになったのでよくなっていると思います。

私は毎日ではなく25分のレッスンを週2回でやってきて、受験勉強の様に詰め込んで学習しているわけではないのでペースは遅いですが、効果は実感していますし確実に大きく成長していると自分では思います。

以上、私が土日のみ週2回・2年間オンライン英会話を習ってみた効果についてでした。