日本人あるある?英語が分からないとなんだか笑っちゃう…

英語の本を持った日本人の女の子

英語が分からないときなんだか笑っちゃう…

オンライン英会話のレッスンを受けているときにそんな経験はありませんか?これはコミュニケーション能力が高い人ほど悩むポイントかもしれません。

英語が分からないとなんだか笑っちゃう…

腕に顔をうずめる猫

スムーズに会話をするためには、聞こえない部分があったとしても文脈から自然と推測して理解していることも多いですが、それが英語になると聞き取れない箇所が多くなりすぎて、なんとなく相手に合わせて笑ってごまかしながら意味を推測しようとしてしまうこともあります。

海外の友達との会話で聞き取れない箇所がある度に真顔で「今のはなんて言ったの?」と毎回止めていては言葉のキャッチボールが成り立ちません。仲の良さによるかもしれませんが、ずっとそんなことをしていては「会話のリズムが悪くて気持ち悪いな」と嫌われてしまうことも。それを避けるためにも多少聞き取れないことがあっても文脈で推測できるのであれば笑ってながしたり、もしくは推測できない文章だったとしても相手が笑っているならこちらも笑って流してしまう日本人は少なくないでしょう。

これは相手に不快な思いをさせたくない、場の空気を悪くしたくないというコミュニケーション能力が高い人ほどおちいってしまいがちな日本人あるあるの悩みのひとつだと言えます。

海外の人からすると不思議?

「笑ってるってことは意味が分かってるから笑ってるんでしょ?」と海外の人は不思議に思うことが多いでしょう。ただ、あまり英語が分からない日本人の場合は円滑なコミュニケーションのために多少分からなくても相手に合わせて笑っているということも多く、それが理解できずに「日本人って理解してなくてもなぜか笑ってるときあるよね」と日本人に対して少し変な印象を抱いている人もいます。

これは逆の立場で考えると分かりやすいです。

逆だとこんな感じ

例えばあなたがコンビニでバイトをしていて、後輩として入ってきた外国人留学生に作業を教えるとします。

あなた「これはここに置いちゃダメだよ、盗まれちゃうからね。笑」
外国人留学生「ハイ。笑」

という会話をしたとします。ところが外国人留学生は注意した場所に置いていました。なぜなら意味を理解して笑っていたのではなく、こちらが笑顔だったからなんとなく笑って答えていただけだったのです。

この場合「え?意味分かってないのに笑ってたの?」と不思議に思いませんか?これが英語を話せない日本人に対して海外の人が感じる違和感の正体です。英語が分からないときになんとなく相槌を打って「Yeah.haha」となっていることありますよね。

日本人あるある?

上記例のように、日本人だけでなく外国人も同じように笑ってごまかしていることはあります。ですが、相手に合わせる、空気を読む文化の中で育った日本人は比較的このように「分かってないけど笑ってしまう」という傾向が強いかもしれません。

これは「伝わらないのは言う側の言葉が不足している」という海外の文化と違って、「言葉が伝わらないのは聞く側の推測力不足もある」という日本の文化で育った日本人あるあるの一つだと言えます。聞く側として意味が理解できないことに負い目を感じて、相手に嫌な思いをさせないよう笑顔で分かっているフリをしてしまった経験のある英語学習者の方は多いはず。それが全面的に悪いということではありませんが、英語を学習する上では分からないことをなんとなくほったらかしにしておくよりも、きっちりと理解して先へ進む方が早く成長を実感できるでしょう。

分からないことは「分からない」と伝えるべき

積まれた本と紅茶

分からないことは「分からない」と伝え、もう一度言ってもらったり別のフレーズで言い直してもらったり、しっかりと意味を理解した方が英語の理解も深まります。なんとなく話している気になるのではなく、やっぱりちゃんと正確な言葉のやり取りができた方がいいですよね。

英語で聞き返すフレーズまとめ

友達との会話を毎回止めて「それってなんて言ったの?」と聞き返すのは友達に少し申し訳ないですが、オンライン英会話のレッスンであれば何も気にせずに聞き返せます。英語を学ぶために料金を支払ってレッスンを受けているので、先生からしても分からないことがあれば聞き返すのが当然の環境だからです。

先生にまで気を遣って笑顔で分からないことを聞き流す必要はありません。何も謝る必要もないので、聞き取れないことがあったときは「今のなんて言ったの?」と毎回止めて聞き返してみましょう。それが正確に英語の理解を深めるコツです。

【2020年最新版!】おすすめオンライン英会話比較ランキング10選