オンライン英会話初心者「レッスン始まったけど全く話せない…!」

英語初心者がオンライン英会話をすると、レッスンが始まっても「…全く話せない!」なんてことになるんじゃないかと心配される方もいると思います。

ですがオンライン英会話は初心者の方に向けたレッスンを得意としているところがほとんどなので、全く英語が話せなくてもレッスンを受けることができるようになっています。

英語が全く話せない初心者にもおすすめ

例えばこちらのオンライン英会話スクール最大手レアジョブ英会話のレッスン動画のように、本当に英語が話せない人でも簡単に始められるような教材を使うことが多いです。

教材に書いてあることを見れば日本語での説明もありますし、英語初心者でも何についての話なのかは理解することができます。むしろそんな英語初心者こそ、下手に勉強をしてからではなくオンライン英会話から始める方が早く話せるようになるかもしれません。

「スピーキングへの抵抗」をなくす

多くの日本人はリスニング(聞く)ライティング(書く)よりも、スピーキング(話す)に苦手意識を持っているものです。英語を喋れるようになるにはまずこのスピーキング、つまり自分が英語を話すことに慣れる必要があります。

スピーキングさえやっていれば自然と相手の言うことも聞けるようになってきます。逆にいくら読み書きや聞くことを練習しても、自分が話さなければ英語は絶対に話せるようにはなりません。つまりリスニングだけを勉強するのは効率が非常に悪いと言えます。

さらに極論を言えば、読み書きができなくても英会話はできます。海外には読み書きができないのに英語を使って生活している人はたくさんいます。

英語は「勉強」ではなく「言葉」

例えば外国の人が日本語を勉強しているとします。家で一人でひらがなや漢字を書いたり読んだり、イヤホンで日本語を聞いたりしながら勉強しています。

そんな人を見たら「日本語は喋らないと話せるようにならないよ」と言いたくなりませんか?言葉は一人で勉強するものではなく、他人とコミュニケーションを取るためのもの。人と会話せずに言葉を覚えることはできません。

もちろん話すためには「言いたいことを英語にする」必要があります。なので言いたいことをメモしておいたり、英語に訳して次回使ってみるというように自習をしておかなければいけませんが、10個のフレーズを覚えるよりも、2個のフレーズを覚えてすぐに使ってみる方が効率よく記憶に定着します。

使わないで忘れてしまう勉強は意味がないので、早い段階からスピーキングの機会を作っておくのがおすすめ。

子どもは言葉を覚えるスペシャリスト

言葉を一番早く学習するのは小さな子どもです。

子どもはスピーキングへの抵抗が全くありません。目にしたものの名前を言ってみたり、お母さんに何かを伝えようとしてひたすら喋ります。

文字を読むことは当然できません。大人が何を言っているかが分からなくても、とりあえず相手の言っていることをマネして言ってみたりします。

そうして自分がたくさん話しているからこそすぐに言葉を話せるようになるということが、子どもが言葉をすぐに覚える一番の秘訣です。

大人もまず「話すこと」に慣れるべき

大人はさすがに子どものように意味も分からないことを発言することはできません。ですが話すことに慣れればどんどん話せるようになっていくという部分では同じです。

「英語が全く話せないから恥ずかしくて話さない。」それだといつまで経っても話せるようにはなりません。英会話ができるようになりたいなら、英語を使って会話をするのが一番です。

その点オンライン英会話は教材がありトピックが用意されているので話すことにも困らないだけでなく、話すことへの抵抗を簡単になくすことができます。

まとめ

日本人が英語を勉強する場合、多くの人は一人で勉強をすると思います。なので読み書きの勉強、イヤホンでリスニングの練習といったことしかしない傾向にあります。日本人にとって英語はまだ「勉強」「学校の科目の一つ」なのかもしれません。

ですが今はオンライン英会話で家にいながら自分の好きなタイミングで英語が話せる。一昔前だと考えられないような素晴らしい英語環境があります。英語を話せるようになりたいならチャレンジしない手はありません。

ほとんどのオンライン英会話スクールでは数回の無料体験レッスンがあるので、まずはそれを受けてみるのがおすすめです。