EFイングリッシュライブとレアジョブ英会話を比較してみた

2017年8月28日

オンライン英会話口コミ体験談

口コミ体験談投稿者:ウエストさん(20代男性)

EFイングリッシュライブの体験レッスンを受けて感じたレアジョブ英会話との違いについて比較レビューを書きたいと思います。

EFイングリッシュライブとレアジョブ英会話との違いは大きく分けて2つあります。

POINT

  • システムの構造的な違い
  • レッスンの受け方

EFイングリッシュライブとレアジョブ英会話を比較~大きな違い

ノートに書かれたABと鉛筆

まず、1つ目の大きな違いは全体のシステムの構造的な違いです。

レアジョブ英会話では毎日コースであれば毎日25分のレッスンを一日一回受講するシステムとなっています。どのような教材を選んでも一日一回25分のレッスンを毎日受けることになります。

NOTE

AIによる自動採点スピーキングテストが受けられる!

レアジョブでは英語スピーキング力測定システム「PROGOS」で、約20分のAIによる自動採点ビジネス英会話テストが受けられます。プランによって毎月1~2回無料で利用できるので、実践的なビジネス英会話テストを定期的に受けて成長を実感しながら取り組むのがおすすめ。

一方、イングリッシュライブではレッスンの種類が大きく分けて以下の3つがあります。

  • スクール
  • ライブレッスン:グループレッスン
  • ライブレッスン:プライベートレッスン

EFイングリッシュライブのシステム:スクール

青いポーチに入ったノート

EFイングリッシュライブの「スクール」はクオリティーの高い自習教材。自分がやりたいときに英語の教材を選んで学習することができます。

レアジョブ英会話ではどのような教材を選んでも、毎日決まって25分のレッスンと固定されていて、一日に何回レッスンを受けるかで料金が違うのですが、イングリッシュライブではこのスクールを利用することで自分がやりたいときに英語の教材を選び学習することができるので、この点は最もレアジョブ英会話と構造的に異なっていると感じました。

レッスンの受け方

図書館にぶら下がったたくさんの電球

2つ目の大きな違いはレッスンの受け方です。

POINT

  • レアジョブ英会話:マンツーマンレッスン毎日(25分)
  • イングリッシュライブ:グループ月30回(45分)/マンツーマン月8回(20分)

レアジョブ英会話は生徒対講師の一対一の形で毎日25分のレッスンをマンツーマンで受けるスタイルですが、イングリッシュライブでは毎日のレッスンとしてグループレッスンを数人の生徒と講師という構成で45分受けることになります。

この点はレアジョブ英会話とイングリッシュライブのレッスンの受け方が大きく違うポイント。また、イングリッシュライブでは毎日のグループレッスンに加えて、月に8回のプライベートレッスン(1回20分)も受けることができます。

システム面での違い

ノートパソコンを膝に乗せてタイピングする女性

レアジョブ英会話では、レッスンを受ける際にSkypeかレッスンルームと呼ばれる独自の通信ソフトのどちらかを使用してレッスンが受けられます。EFイングリッシュライブではSkypeは使わずに専用のソフトを使います。

Skypeと独自の通信ソフトでのレッスンはどちらも一長一短で、過去にSkypeを使ったことのある人であればSkypeでそのままスムーズにレッスンを開始することができます。独自の通信ソフトだと初期設定などが必要になることもありますが、比較的通信も安定していてSkypeにはないオンライン英会話レッスン専用のオリジナルの機能が使えます。

イングリッシュライブとレアジョブ英会話はどちらがいいのか?

仲良く並んで座ってぶどうを食べる双子の少女仲良く並んで座ってぶどうを食べる双子の少女

どちらがいいということではなく、どちらが好みかという問題になってくるのだろうなというのが正直な感想です。どちらにもメリットデメリットはあるので、まずは無料体験レッスンを受けてみて自分に合う方を選ぶのがいいと思います。

以上イングリッシュライブとレアジョブを比較した評価レビューでした。

【EFイングリッシュライブの評判】格安で毎日ネイティブ講師のレッスンが受けられる!