プロモーションを含みます

DMM英会話・産経オンライン・ビズメイツの3社を比較!

DMM英会話 産経オンライン ビズメイツ

口コミ体験談投稿者:さつきさん(30代男性)

POINT

  • ビジネス英会話におすすめのオンライン英会話スクールを紹介
  • DMM英会話・産経オンライン・Bizmates(ビズメイツ)の3社でレッスンを受けて比較!

私が体験レッスンを受けてみたのは以下の3社。

こちらの3社の無料体験レッスンを受け、最終的にBizmates(ビズメイツ)に入会して継続することにしました。

以下は私が実際にDMM英会話・産経オンライン・Bizmates(ビズメイツ)の3社で無料体験レッスンを受けてみた感想を中心に、それぞれを比較しながらお話ししていこうと思います。

【DMM英会話・産経オンライン・Bizmates】を比較!

DMM英会話

DMM英会話
月額料金 (税込)25分×毎日1回:6,980円
25分×毎日2回:12,900円
プラスネイティブプラン(月8回):12,980円
講師の国籍多国籍・ネイティブ講師・日本人講師
営業時間24時間
予約15分前まで|キャンセル:30分前まで
無料体験25分×2回

TVCMでもおなじみの大手オンライン英会話スクールDMM英会話。欧米を含めた100ヵ国以上の多国籍な講師が在籍しています。24時間営業で好きなときに受講でき、講師数が多いのでいつでも予約が取れるのが魅力。Skypeを使わない専用のレッスン受講システムで利用しやすく、教材の種類も豊富なので飽きずに続けることができます。ネイティブや日本人講師のレッスンが毎日受けられるプラスネイティブプランもおすすめ。

DMM英会話は教材のバリエーションが豊富なので、学習目的に合わせて日常会話、ビジネス、TOEICやTOEFL対策もでき、料金もリーズナブルなので魅力的でした。レッスン開講時間が24時間であるのも自分の都合に合わせて予約ができるので最後まで悩みました。

レッスン内容は、自分が受けたい教材で予約すればその教材を使っての授業です。(もちろんフリートークなども選べます。) フィリピン人講師の質もよかったですが、プラスネイティブプランの契約で初心者向けに日本人の講師を選ぶことができたりネイティブ講師の授業を受けることができるのもいいなと思いました。

産経オンライン英会話Plus

産経オンライン英会話Plus
月額料金 (税込)200コイン(〜月10回):4,620円
620コイン(〜毎日1回):6,380円
講師の国籍フィリピン人講師・ネイティブ講師・日本人講師
営業時間5:00~25:00
予約5分前まで|キャンセル:1時間前まで
無料体験25分×2回

新聞で有名な産経グループが運営する「産経オンライン英会話Plus」。料金プランは使いやすいコイン制で、選ぶ講師の国籍によって消費コインが違います(フィリピン人講師=20コイン、日本人・ネイティブ講師=200コイン)どのプランでも講師の国籍が自由に選べるので、「コインが余った月は日本人の先生に質問する」などかなり自由度の高い使い方が可能。コインは翌月まで繰り越しができ、サブアカウントを発行すれば家族シェアもOK。レッスン教材の種類も豊富で、職業別(飲食店・鉄道・タクシー・郵便局など)に特化した英会話が学べるのも他にはない魅力の一つ。レッスンはスカイプを利用せずマイページにログインするだけで簡単に受講できます。

産経オンライン英会話Plusは、さすが産経のスクールとだけあってニュースや時事英語などの教材が充実している点がとてもよかったです。

ですが、体験を受けてみて感じたのは、教材、講師ともに初心者向けに設定されているので、TOEIC800点以上の英語上級者には物足りないと感じるかもしれません。もう少しレベルが向上すれば安いので候補でしたが、今回は候補から外しました。

Bizmates(ビズメイツ)

Bizmates(ビズメイツ)
月額料金 (税込)25分×毎日1回:13,200円
25分×毎日2回:19,800円
講師の国籍フィリピン人講師
営業時間5:00~25:00
予約5分前まで|キャンセル:30分前まで
無料体験25分×1回

ビジネス英会話に特化したBizmates(ビズメイツ)。ビジネス英語を学ぶだけでなく英語でのコミュニケーションスキルも同時に鍛えることまで考えられたレッスンになっているので、すぐにビジネスシーンで活かせる即戦力なビジネス英会話を学べます。中上級者はもちろん、初心者向けの教材も充実しているので一から学びたいビジネス英会話初心者でも安心して受講可能。一般的に月10万円ほどする英語コーチングが月額2万円ほどで受けられるプランもあるので、英語コーチングに興味がある方にもおすすめです。

Bizmates(ビズメイツ)はビジネスの場面でも通用する英語を身につけることに特化した英会話スクール。これから仕事で必要なビジネス英語を身につけたかったので、私の1番の学習目的に合致していたことと、体験の時の担当講師の授業がとても質が良かったことが決め手となり、他社より少し料金は高いですがそのまま入会して継続することにしました。

ビズメイツのほとんどの講師に十分な英語教師経験があり、セールスやマネジメントなど、ビジネス世界での歴が長い人もたくさんいて、実用的な英語を学ぶことができました。その後も予定の合う限り体験レッスン時の講師をリピート予約しています。

これはどのスクールを継続しても言えることですが、お気に入りの講師が見つかると授業の楽しさやモチベーションもあがり、英語力の伸びも違うと思います。

仕事のためビジネス英語をオンライン英会話で学ぶ

椅子に座るスーツの男性の足

筆者である私は学生時代、マンツーマン英会話スクールに通っていましたが、ネイティブ講師の個人レッスンだったので費用が高く、学生だった私には週に1回、月4回のレッスンが限界でした。

それでも少しでも英語を実際に話す機会が欲しかったので、精一杯課題や、復習に取り組み、60分の授業内でできるだけ話すように努力しました。

でも、これだけで英語を話せるようにはなりませんでした。

もちろん英語で発言することに抵抗はなくなりましたが、やはり自分の考えを誤解なく伝える、相手の質問に瞬時に答えることができるようになるには、週1回のレッスンでは足りませんでした。英語学習においてアウトプットの場が少なすぎたのです。

そして社会人になり、仕事で英語を使い商談や顧客対応ができればこれから先有利という状況だったので、また英会話をやってみようと決心しました。そして英会話スクールを探していた時に、オンライン英会話だとお手頃価格で毎日レッスンを受けることができるスクールばかりだということを知り、いろいろリサーチして前述の3社を体験してみました。

NOTE

リーズナブルな価格

数年前までは"英会話を習う"といえば、対面式の英会話スクールのマンツーマンレッスンや団体クラスに月額で入会、というのが当たり前でした。しかし、どのスクールも平均して週に1回90〜120分で、月謝2〜3万というのが基本なので週に何度もレッスンを受けるのは金銭的に難しい、という方も多かったのではと思います。

最近では英語学習といえばオンライン英会話が浸透してきており、スカイプを通してレッスンを受けるのが一般的で、費用もリーズナブなスクールが多く継続しやすいため利用者が増えています。現在はすでにオンライン英会話スクールは何十社とありスクール選びが大変になってきていますが、こちらの記事が少しでも参考になればと思います。

自分に合ったスクールを見つけることが近道

上記3社以外にもオンライン英会話スクールはまだまだたくさんあるので、自分の英語学習の目的や学力に合わせて選べばいいと思います。

その際、絶対にいきなり1社に絞るのではなく何社か無料体験を受けて決めるべきだと思います。あまりたくさん受けすぎると結局どこが自分に合っているかわからなくなってしまうのであまりオススメはしませんが、とりあえず無料体験だけでも受けてみることをオススメします。

そうして自分に合ったスクールを見つけることが一番の近道になると思います。

3社比較に戻る

関連:【ビジネス英会話が安い!!】オンライン英会話10選